全ク連総会、コロナ禍の経営支援・需要拡大策を構築

全国クリーニング生活衛生同業組合連合会(小池広昭会長)は6月24日、東京都千代田区の主婦会館プラザエフで第63回通常総会および令和3年全国クリーニング業政治連盟定期大会を開催した。

今年の総会も昨年と同様に新型コロナウイルス感染予防のため、通常出席および委任状出席に加え書面による審議参加も可とし、参加人数を最小限に抑えた。また委任状出席・書面表決済みの組合に限り、WEB会議システムを用いたインターネット配信を初の試みとして実施した。47会員中、出席会員は47(通常出席15、委任状出席6、書面表決26)。

総会では1〜7号議案について執行部が議案説明および質問への答弁を行い、議案は審議の結果すべて可決された。

令和3年度は、厚生労働省をはじめ関係機関と連携を取りながら新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う組合員への経営支援・クリーニング需要拡大策の構築を継続。
令和元年度より関連団体および企業と共に検討しているクリーニング師資格関連の課題について、クリーニング師試験の全国統一化にむけた具体的検討を業界内のコンセンサスを得ながら進めていく。

また、無人受渡しロッカーを用いた非対面型の受渡しサービス導入の動きの顕在化や、インターネットや宅配業者を利用した集配形態等、これまでのクリーニング業法が想定していなかった業態については、引き続き厚生労働省をはじめとする関係機関と協議し、利用者擁護および公衆衛生の観点から業法上の整理と新たなルール作りに着手する。

全ク連総会

アサヒ製作所